乳歯期の矯正
 
 
3~6歳
 

乳歯期矯正をするメリット | なぜ乳歯期? | ワンポイント | インファントトレーナー | ムーシールド

乳歯期での矯正は、インファントトレーナームーシールドによる優しい治療を行います。 これらは就寝時に使い、容易に取り外しもできます。

乳歯期に矯正治療をするメリット

少女
基本的な乳歯期矯正からの流れ
乳歯期矯正
(3-6才)
小児期矯正
(6-10才)
永久歯期矯正
(10才~)
  1. 乳歯期矯正のみで完了  子供に負担のかからない、取り外しの可能な装置 (インファントトレーナー、ムーシールド) を就寝時のみに使用することによって完了し、小児期以降の矯正治療が必要なくなるケースがある
  2. 乳歯期矯正→小児期矯正  で治療が完了するケースがある (永久歯期矯正をスキップ)
  3. 乳歯期矯正→永久歯期矯正  で治療が完了するケースがある (小児期矯正をスキップ) この場合、永久歯期矯正でブラケットとワイヤーを使用する期間を大幅に短縮できます

したがって

  • お子さんに負担の少ない、簡単な装置で治療できます
  • 治療後の後戻りがしにくくなります
  • きちんと噛める事で、脳に好影響を与えます
  • 綺麗な歯並びに伴って、顔の輪郭の形成が綺麗になります
  • 永久歯治療から治療を開始するよりも、トータル治療費が節約できます

ページトップ  

なぜ乳歯期?

乳歯乳歯期のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。 お子さんの歯並びが、身体的・精神的な健康、そして脳の発育と大きく関わっていることをご存知ですか? お子さんのちょっとした舌の癖が、乳歯期だけではなく、これから生えてくる永久歯の噛み合わせにも悪影響を及ぼします。また背筋や顔のゆがみを生じることがあります。

乳歯期から矯正治療を始めると、永久歯が歯並び良く生えてくるのを誘導するとともに、正常な体の成長発育にも大変効果的だと考えています。

当クリニックでは、乳歯期のお子さんに出来るだけ負担のかからない方法で、乳歯期矯正治療、及び予防的矯正治療を行っています。治療はもちろん、小児の癖の除去やカウンセリングの時間も大切にしておりますので、心配なこと、聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

ページトップ  

ワンポイント - このような場合でもきれいに治ります -

Case1 3歳児検診で噛みあわせが反対(受け口)だといわれた
Muh
  ムーシールド
寝る時だけの使用で負担がかかりません。
Bracket
   
Muh after
矯正後
 
Case2 下あごがずれて背筋がゆがんでいる
Before
  ムーシールドにより噛合わせと背筋が改善されています
After
矯正後
 
Case3 5歳なのに指しゃぶりが治らない
舌くせ
   ”やめなさい”と叱り付けてばかりでは逆効果です。
指しゃぶりをやめさせるための効果的な指導をします。それによりある程度改善します。その後、T4Kなどでさらに治療をすすめます。
 
Case4 前歯が噛み合わない、舌足らずのしゃべり方をする
いつも口をぽかんと開けている
指しゃぶり
   
矯正後
トレーニング後
  舌と唇の筋トレーニング
4~6ヶ月間、2週に1回の来院でテキストに沿って、舌と唇の筋トレーニングをします。それによりある程度改善します。その後、T4Kなどでさらに治療をすすめます。

ページトップ  

インファントトレーナーを使用した治療ってなに?

寝ている間に治す。
乳歯期に。
infant
infant-girl
インファントトレーナーは、2~5歳の乳歯列の子供に使用します。

これは子供が顎の筋肉を使用している時に正しく咬むことを訓練するものです。また、子供に鼻を通して呼吸させ、正しい飲み込み方と舌の位置づけを訓練します。その結果、正常な顔、顎、歯の発育を促します。

就寝時と日中1時間の使用です。

ページトップ  

ムーシールドとは?

ムーシールド3才児からはじめられる受け口のための治療法です。就寝中にマウスピース型の矯正装置をくわえます。

3才児検診で反対咬合(受け口)と指摘され、先生は様子をみてくださいと言うだけで適切なアドバイスもないままで、とても心配されている親御様は多いと思います。事実、乳歯期反対咬合児の80%以上は、永久歯においても反対咬合になるという文献もあり、お子様の将来を考えれば、できるだけ早い時期に治しておきたいというのが正直な気持ちでしょう。

下顎前突そこで当クリニックでは、3才という低年齢児でも負担の少ない就寝時のみの装着で、受け口の改善を可能にするムーシールドという矯正装置を使用しています。この装置により、乳歯期反対咬合が改善されるだけでなく、永久前歯の正常な咬み合せへの誘導、咬み合せのための筋肉のバランスの改善、そして正しい成長発育へと促してくれます。その結果、難易度の高い反対咬合症例でも、早期の治療開始によりその後の難易度を下げるという事も可能になります。反対咬合すべてがムーシールドだけで治療できるとは限りませんので、最初に診断をいたします。

なお使用期間は約1-2年です。もちろん、その後は定期的に健診を継続していくことが重要です。

ページトップ  


乳歯期の矯正