小児期の矯正
 
 
6~10歳
 

小児期矯正をするメリット | 小児期の治療 | 子供だって:T4K | 拡大装置 | 非抜歯準備治療

小児期の治療

小児期の治療は、

を組み合わせたものになります。 ケースによっては、いずれか1つまたは2つの治療で完了します。

小児期に矯正治療をするメリット

基本的な小児期矯正からの流れ
小児期矯正
(6-10才)
永久歯期矯正
(10才~)

  1. 子供に負担のかからない、取り外しの可能な装置 (T4K) を、就寝時前の1時間と就寝時に使用することによって、永久歯期矯正の治療が必要なくなるケースがある
  2. 引き続き、永久歯期矯正が必要なときでも、ブラケットとワイヤーの装着期間を最小限にできる
  3. 透明で目立たないインビザラインの治療も可能

したがって

  • お子さんに負担の少ない、簡単な装置で治療できます
  • 治療後の後戻りがしにくくなります
  • きちんと噛める事で、脳に好影響を与えます
  • 綺麗な歯並びに伴って、顔の輪郭の形成が綺麗になります
  • 永久歯治療から治療を開始するよりも、トータル治療費が節約できます

ページトップ  

「子供だって目立たない治療がしたい」 ‥ (1)小児期  T4K

T4K
T4K

T4Kとは、取り外し可能なトレーナーという、図のような装置です。
就寝前1時間と就寝時に装着します。前歯が4本生えそろう7~8才ころから使用開始すると効果的です。青く柔らかいトレーナーは6~8ヶ月間、赤く硬めのトレーナーは1年くらい装着します。
その後永久歯期矯正に入ってから、透明で目立たないインビザラインを、オプションとして選択することができます。

関連ページ

ページトップ   

拡大装置を使った治療

拡大装置上あごは、左右2つの骨で構成されています。上あごの拡大装置とは、この2つの骨をつなぐ中央部分を少しづつ拡げ、上あごの成長を促すと共に、これから生えてくる永久歯のためのスペースをつくります。下あごは、噛む力によってあるていど自然に拡大します。左右の骨をつなぐ中央部分は、12才までに硬くなり広がりにくくなりますので、拡大装置を使うのは6~10才が最適年齢となります。
9ヶ月間装着します。最初の約2ヶ月間はあごが拡大するよう設定した後、骨が硬くなるまでの残り6ヶ月間は、拡大が維持されるよう設定して様子をみます。

ページトップ  

非抜歯のための準備治療

小児期の準備治療
準備治療.Upper

準備治療.Front

非抜歯治療をするための準備の治療です。顎の成長を考慮に入れ、歯列の横および後方への拡大を促していきます。後方への拡大ですので、前歯が前部へ突出するような外観上の問題はありません。小児期であればほぼ90%の方が非抜歯で治療可能です。

写真は非抜歯治療をするための準備治療の例で、顎の後方への拡大を促します。こうして歯を収めるスペースを作ります。

ページトップ   


小児期の矯正