田無駅 徒歩2分 P有

初診相談無料

営業時間 [ 月・木曜日定休 ]
[ 平日・土曜 ] 10:30-13:00/14:30-19:00 [ 日曜(月2回)9:30-13:00/14:00-17:00 ]

乳歯列期の矯正治療

CHILD ORTHO

乳歯列期の矯正治療とは

乳歯期のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。 お子さんの歯並びが、身体的・精神的な健康、そして脳の発育と大きく関わっていることをご存知ですか?

お子さんのちょっとした舌の癖や口呼吸などの悪習癖が、乳歯期だけではなく、これから生えてくる永久歯の噛み合わせにも悪影響を及ぼします。また背筋や顔のゆがみを生じることがあります。

乳歯期から矯正治療を始めると、永久歯が歯並び良く生えてくるのを誘導するとともに、正常な体の成長発育にも大変効果的だと考えています。

当クリニックでは、乳歯期のお子さんに出来るだけ負担のかからない方法で、乳歯期の予防的矯正治療、及び悪習癖の除去を行っています。治療だけでなくカウンセリングの時間も大切にしておりますので、心配なこと、聞いてみたいことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

乳歯列期の矯正治療の目的

永久歯の正常な歯並び、咬み合せへの誘導。正しい舌の動きの学習と鼻呼吸への誘導、ひいては正常で健康的な成長発育へのサポート。

乳歯列期の矯正治療の対象者

3-6歳の乳歯列完成期で、以下の不正咬合の幼児。

反対咬合
交叉咬合
開咬
上顎前突

乳歯列期の矯正治療のメリットデメリット

メリット

  1. 骨格の発育途上前なので、お子さんに負担のすくない簡単な装置でかつ夜間のみの使用だけで改善します。
  2. 特に反対咬合や下顎のズレについては、正しい下顎の位置に誘導することで将来の骨格的ゆがみを予防することができます。
  3. 指しゃぶり、舌の癖、口呼吸を除去することができます。
  4. 鼻呼吸を促すことで健康的な成長発育が期待できます。
  5. 治療後の永久歯の後戻りが少なくなります。
  6. きちんと咬める事で、脳に好影響を与えます。
  7. 綺麗な歯並びに伴って、顔の輪郭の形成が綺麗になります。
  8. 永久歯治療から治療を開始するよりも、トータル治療費が節約できます。

デメリット

  1. 取り外し式の装置がメインなので、使用時間、使用方法を守れないと治療効果は得られません。
  2. 本人だけでなくお父さん、お母さんの協力が必要です。
  3. 適応年齢に達していてもお子さんの発育状態をみて治療開始を遅らせる場合があります。
  4. 適応年齢であっても永久歯が生えている場合あるいは適応症例でない場合は、次の段階である小児期治療になる場合があります。
  5. 著しい扁桃腺肥大、舌小帯強直の場合、治療前あるいは途中に専門医院にて治療をお願いする場合があります。

乳歯列期の矯正治療を行う理由

乳歯期にお子さんの歯並び、咬み合せに気づいたお父さん、お母さんは、お子さんの将来の歯並び、咬み合せ、ひいては全身的な成長を心配されてのこととお察しします。早期に予防的治療を施すことで、お子さんの健全な歯並び、咬み合せひいては健康的な成長発育を促すとともにお父さん、お母さんの精神的な負担の軽減になればと考えます。

乳歯列期の矯正治療に使用する装置

歯列矯正用咬合誘導装置
(ムーシールド)
歯列矯正用咬合誘導装置
(マイオブレース)
乳歯期用鼻呼吸誘導装置
(インファントトレーナー)
乳歯期用鼻呼吸誘導装置
(インファントトレーナー)

乳歯列期の矯正治療に関するよくある質問とその回答

質問1

乳歯列で前歯がガタガタで永久歯がちゃんと生えて並ぶか心配です。

回答1

今後生えてくる永久歯の生えるスペースが足りない場合は、上下永久前歯がある程度生えてくる6歳すぎからの治療開始が効果的です。その時期がくるまで定期的に来院していただき、時期をみて次の段階である小児期治療からの開始となります。

質問2

毎月通う必要がありますか?

回答2

当初数ヶ月は毎月来院していただきますが、前歯の改善、下顎のズレの改善が認められた後には、2から3ヶ月毎の来院になります。

質問3

普段、うつ伏せ寝、横向き寝でないと寝られません。寝相が悪く装置が使えるか心配です。

回答3

うつ伏せ寝、横向き寝、寝相が悪いなどの原因は、口呼吸によるところが大きいと考えます。乳歯期に使用する装置は、鼻呼吸を促すトレーニング装置ともなっています。就寝中装置が外れるようであれば、就寝前の30分から1時間、口を閉じて使用してもらったり、鼻呼吸を促すための簡単な機能訓練などを併用してもらいます。

質問4

指しゃぶりがなかなかなおらない。指しゃぶりをしないと眠れないです。

回答4

3歳になる前くらいからじょじょにやめるよう言い聞かせましょう。やらないときは思いっきりほめてあげましょう。なかなかやめないからといって無理やり指を引っこ抜いたり怒ったりするのは逆効果です。寝るときだけ指しゃぶりをする子は、インファントトレーナーが効果的なのでご相談ください。